logo

マイクロソフト、ディープフェイクを検知する新技術「Video Authenticator」を発表

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年09月02日 11時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月1日、ディープフェイク対策のための新技術「Microsoft Video Authenticator」を発表した。写真や動画の改ざんを検知し、本物である可能性をパーセンテージで表示するというもの。

Microsoft Video Authenticator
提供:Microsoft

 同社はまた、改ざんされたコンテンツを検知するとともに、見ているメディアが本物であることをユーザーに示す新技術も発表した。この技術は2つのコンポーネントで構成される。1つ目は「Azure」に組み込まれるツールで、制作者がデジタルハッシュと証明書をコンテンツに追加できる。2つ目はリーダーで、ブラウザーの拡張機能などの形式をとり、証明書を確認してハッシュを照合し、そのコンテンツが本物である可能性が高いことをユーザーに示す。

 Microsoftは、ディープフェイクを識別できるかどうかをクイズ形式で確認するオンラインのコンテンツ「SpotDeepfakes.org」も公開した。

 テクノロジー業界はディープフェイクの危険を注意喚起してきたが、Microsoftの取り組みはそうした最新の事例だ。ディープフェイクは、コンピューターで改ざんされた動画や録音を指す省略した呼び方で、この技術を使うと、コンテンツ中の人物の言動を改変して意図した通りに見せかけることができる。ディープフェイクはますます利用しやすく、見つけにくくなっており、政治や選挙への破滅的な干渉につながりかねない状況が生じている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]