logo

Withings、ヘルスケアアプリ「Health Mate」をアップデート

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Withingsは8月31日、幅広い健康データを網羅的に可視化し、理解しやすくまとめるアプリ「Health Mate」(iOS/Android)の新バージョン「Health Mate 5」を公開したと発表した。

 Health Mateは、同社製スマートデバイスのデータを確認できるだけでなく、履歴を元に最も重要となるデータのハイライトを引き出せるのが特徴。重要な健康データの分析では、睡眠分析、体重・体組成の分析、アクティビティの記録に対応する。

 また、教育的なコンテンツを提供しており、解説コメントやカラー説明などで進化を把握でき、報酬システムでユーザーの上達や目標の達成を評価している。これらのデータの履歴と分析により、自立的に健康の記録を可能とし、健康データに急変が発生した場合は、通知を発信する機能なども備える。

 医療従事者によってフォーマットが作られた「健康レポート」のダウンロード(PDF)にも対応。その他、妊娠の各段階を記録できる「妊娠の記録」など、無料のカスタムプログラムも提供している。

 Apple HealthやStrava、MyFitnessPalなどとの連携も可能となっている。

 新バージョンとなる「Health Mate 5」では、ナビゲーションバーが4つのタブで構成され(前バージョンは5つ)、ホームページ、ダッシュボード、デバイスとプロフィールから簡単に切り替えることが可能。

 各デバイスの電池レベルやアップデートを通知する通知欄がアプリのオープン時に表示されるようになり、「デバイス」タブを見ることなく、情報が確認できるようになった。

 さらに、データの表示も種類別で整理され、より理解しやすいよう改善しているという。通知センターで最新の通知、デバイスに関する最新情報または、アンロックされたバッヂの確認にも対応。タイムラインのデザインもより洗練され、全ての測定値がカテゴリー別でアーカイブされるように変更されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]