6つのセンサーで飲み手の体調や気分を解析--スマート抽出機「teplo ティーポット」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LOAD&ROADは8月26日、茶葉の魅力を最大限に発揮する独自の抽出テクノロジーと、飲み手の体調や気分にあわせて最適な状態のお茶を淹れる世界初の「パーソナライズ抽出機能」を実現したスマートティーポット「teploティーポット」を8月29日より販売すると発表した。販売価格は、2万5000円(税別)。

 まずはteplo公式サイトにて販売開始し、順次、国内セレクトショップおよび、百貨店、海外(米国)での販売を開始する。

 
 

 teploティーポットは、スマートフォンアプリと連携してお茶を自動抽出するティーポット。ジャンピングや蒸らし、浸し等、お茶の種類ごとに異なる抽出方法のすべてに対応する独自の抽出テクノロジーと、お茶の種類ごとに一番美味しい抽出条件をインプットしたティーデータベース(お茶の生産者や専門家、愛好家数百名によるヒアリングやテイスティングを実施)をアプリ内に搭載している。

 
 

 また、パーソナライズ抽出機能では、古来、お茶のプロが行ってきた、飲み手の仕草や表情、味の好みに応じて抽出条件を調整し、その時の飲み手の状態に応じた一番美味しい味と香りでお茶を淹れるという職人技を、テクノロジーで再現。内蔵する6つのセンサー(脈拍、指の温度、室温、湿度、照度、騒音レベルを計測)で、飲み手の体調や気分を解析し、最適なお茶の抽出(朝に眠気が残る人には、基準より高温で長めに抽出することで苦みとカフェイン量を多めのお茶を淹れたり、疲れている人には基準より低い温度で甘さと旨味が強いお茶を淹れたりして、気分や体調に応じて抽出条件を調整)が可能となった。

 
 

 具体的には、お茶の種類をアプリ内のティーデータベースから選択するだけでお茶の種類に応じて、最適な抽出温度・抽出時間・抽出方法を自動で制御。緑茶・紅茶・中国茶・ハーブティーなど、お茶の種類を問わず手軽に本格的な香りと味を楽しめる。現在、アプリ内ティーデータベースには、日本茶、紅茶、中国茶、台湾茶など、20種類のteplo公式茶葉が登録されており、今後随時追加予定。

 
 

 なお、teploティーポットは、2019年3月に日米で行ったクラウドファンディングにおいて、30日間で目標額を大きく超える6.4万ドルを調達。クラウドファンディング成功後も、製品のブラッシュアップを重ね、今回一般販売を開始した。

 同時に、teploティーポットで抽出したお茶を最適な状態で楽しむことができる容量約150mlの専用グラス「teploグラス」も販売開始する。販売価格は1500円(税別)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]