logo

フレッシュネスバーガー、DAIZのミラクルミートを使った「THE GOOD BURGER」販売へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発芽大豆由来の植物肉を開発・製造するスタートアップであるDAIZは8月31日、フレッシュネスが発売する「THE GOOD BURGER」のパティの原料として、植物肉「ミラクルミート」が採用されたと発表した。

キャプション

 まずは9月1日より、アプリ会員限定の先行発売を全国のフレッシュネスバーガーにて開始。10月1日からは、アプリ会員に限らず全店舗で販売する。

 フレッシュネスバーガーの新メニューとして販売開始されたTHE GOOD BURGERは、同社の植物肉を用いた大豆パティをテリヤキソースに絡め、低糖質バンズと野菜で挟んだハンバーガー(税込480円)。動物性原料を使わず、環境にやさしい大豆パティと糖質約45%オフのヘルシーな低糖質バンズ(フレッシュネス、ゴマバンズ比較)を使用しているのが特徴。

キャプション

 日本ならではの醤油麹をベースにしたテリヤキソースで味付けし、コクと奥行きのある味わいに仕上がっているという。

 首都圏の一部の店舗で8月12日より実施していた検証発売では、想定を上回る売れ行きとなったことから、今回、全国のフレッシュネスバーガーにて発売開始となった。

キャプション

 なお、植物肉(ミラクルミート)とは、従来植物肉の主原料として使用されてきた大豆搾油後の残渣物(脱脂加工大豆)ではなく、丸大豆を使用しているのが特徴。さらに、オレイン酸リッチ大豆を使用することで、大豆特有の臭みを無くし、異風味を低減している。

 また、味や機能性を自在にコントロールするコア技術「落合式ハイプレッシャー法」で大豆を発芽させ、旨味や栄養価を増大させており、その発芽大豆をエクストルーダー(押出成形機)にかけ、膨化成形技術により、肉のような弾力と食感を再現している。

キャプション

 これにより、味と食感に残る違和感や大豆特有の青臭さや油臭さ、肉に見劣りする機能性(栄養価)といった課題をクリアしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]