logo

ポルシェ、3Dプリンターで「911 GT2 RS」のピストンを製造--10%軽量化、30馬力アップ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)傘下の自動車メーカーPorsche(ポルシェ)は、スポーツカー「911 GT2 RS」のエンジンに使われるピストンを、3Dプリンターで製造した。

3Dプリンターでピストンを製造(出典:Porsche)
3Dプリンターでピストンを製造(出典:Porsche)

 エンジンのピストンは、シリンダー内で燃料の爆発する力を受け止め、爆発力を回転力へと変換するために使われる重要部品の1つ。高温高圧ガスにさらされ続けるため、高い信頼性や耐久性が求められる。

エンジンの重要部品(出典:Porsche)
エンジンの重要部品(出典:Porsche)

 Porscheは、アルミニウムの粉末をレーザー光線の熱で溶かすLaser Metal Fusion(LMF)方式の3Dプリンターを用い、ピストンを成形した。

LMF方式の3Dプリンターを使用(出典:Porsche)
LMF方式の3Dプリンターを使用(出典:Porsche)

 一般的にピストンは、鋳造技術で作られる。3Dプリンターを使うと、鋳造では実現不可能な形のピストン製造が可能になり、理想により近い形状で作れるという。たとえば、このピストン内に冷却ダクトを設け、冷却効率を高められたとしている。

 今回製造したピストンは、従来に比べ10%軽くなり、エンジンの回転数を上げられた。そして、効率を向上させつつ、出力が従来の700馬力より最大30馬力高くなったそうだ。

3Dプリンター製ピストンの紹介ビデオ(出典:Porsche/YouTube)


 なお、Porscheは旧型車向け部品も3Dプリンターで製造している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]