カセットこんろの岩谷産業と肉の格之進がタッグ--新規事業で新たな価値創造へ - (page 2)

坂本純子 (編集部)2020年08月21日 17時47分

ハードの会社とソフトの会社が組み、新しい価値を生み出す

 千葉氏は、生産者が自身で値段を決められないことを疑問に思ったことをきっかけに、“日本の食の未来を消費者と生産者とともにクリエイトする”をミッションとして21年前に創業したという。

 今回の協業について、「ソフトの会社とハードの会社が組んで新しい価値を生み出す取り組み。ミシュランタイヤがレストランガイドを発行したように、またアップルコンピュータがアップルに名称変更してハードからソフト会社に変わったように、大きなチャレンジだと思っている。日本を支えているインフラの会社(岩谷産業)がソフト(格之進)をサポートしながら、日本の食の未来をダイレクトに応援できることにわくわくしている」(千葉氏)と語った。

 岩谷産業 未来創造室 東京担当の渋谷享洋氏は、「カセットこんろは、誕生から50周年を迎える。日本の食卓のインフラを支えているカセットこんろを使ってなにかできないかと考えていたところ、“やきまる”のファンでいてくれた千葉社長がやきまるを使ってこんなことをできるよ。生産者はこんなことに困っているよ、と教えてくれた」とプロジェクトのきっかけを明かした。

 各社の強みを掛け合わせ、生産者と消費者をバーチャルにつなぎ、ユニークな消費体験を通じて、“おいしい未来”をつくるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]