logo

アマゾン、米6都市で3500人を新たに雇用へ--ニューヨークに2000人

Ben Fox Rubin SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2020年08月19日 11時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、ニューヨーク市クイーンズ区に2万5000人を収容する第2本社を建設する計画を2019年2月に撤回したが、この大都市に関して完全に諦めたわけではないようだ。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 Amazonは米国時間8月18日、米国の技術拠点6カ所での新たな雇用を発表した。ニューヨーク市に過半数となる2000人を割り当てる計画だ。Amazonは2020年に入り、米老舗百貨店Lord & Taylorの旗艦店だったマンハッタン5番街のビルを取得した。WeWorkから10億ドル以上で取得したと報じられている。Amazonはここに63万平方フィート(約5万9000平方メートル)の新しいオフィスをオープンする計画だ。またAmazonは12月、ニューヨークで従業員1500人以上を雇用する計画だと報じられていた

 ニューヨークのほか、テキサス州ダラスで技術職とコーポレート職を600人、ミシガン州デトロイトで100人、コロラド州デンバーで100人、アリゾナ州フェニックスで500人、カリフォルニア州サンディエゴで200人を新たに雇用する。Amazonは18日、これらの技術拠点で計3500人以上を雇用し、6都市の新オフィスに総額14億ドル(約1500億円)以上を投じる計画を明らかにした。食料品、ファッション、クラウドコンピューティング、ハードウェアといったAmazonのさまざまな事業を支えることになる。

 Amazonは、世界で87万6000人以上を雇用していると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]