logo

オラクル、TikTokの米事業買収でバイトダンスと交渉か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年08月19日 07時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleが、「TikTok」を運営する中国企業の字節跳動(バイトダンス)と、人気の高い同ソーシャルメディアアプリの米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド事業の買収に関する予備的協議を行ったと、Financial Times(FT)が米国時間8月17日遅くに報じた。TikTokの事業をめぐっては、Microsoftもバイトダンスと交渉を進めている

TikTokロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 TikTokは、音楽などに合わせた短い動画を投稿するソーシャルメディアアプリで、主に10~20代の若者たちの間で絶大な人気を誇っているが、ここ数カ月は厳しい監視の目を向けられている。米国の議員らは、国家安全保障上の脅威だとしてTikTokを批判している。

 また米陸軍および海軍では、職務用に支給された端末での同アプリの使用を禁止。米連邦取引委員会(FTC)と米司法省は、子供たちのプライバシーを保護する義務を履行していない疑いがあるとしてTikTokを調査中だと報じられている。

 Donald Trump米大統領は14日、TikTokに関連する2つめの大統領令に署名し、TikTokの米国事業を90日以内に売却することをバイトダンスに求めた。

 Sensor Towerが4月に報告した分析結果によると、2020年第1四半期にはTikTokの人気が急騰し、Appleの「App Store」と「Google Play」ストアでのダウンロード数は累計20億回を超えたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]