トヨタ、AWSとの業務提携を拡大--モビリティサービス・プラットフォーム強化

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車は8月18日、モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)の強化に向け、Amazon Web Services(AWS)と、グローバルでの業務提携を拡大すると発表した。

 同社は、コネクテッドカーの普及に伴い、MSPFとAPIを介し、コネクテッドカーから収集したデータを車両の設計開発にフィードバックしているほか、カーシェアやライドシェアといったサービスや車両メンテナンスの事前通知、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険など、法人・個人向けサービスと連携している。

 今回の提携拡大により、AWSのグローバルインフラとAWSプロフェッショナルサービスを活用することで、将来の膨大なトランザクションに備え、MSPFのビッグデータ蓄積・利用基盤を強化する。

 なお、包括契約の適用範囲をトヨタグループに広げ、車両ビッグデータをグループ各社で柔軟かつ安全に活用できる基盤を構築。CASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)時代に向けた準備を加速させるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]