logo

NEC、ビジネス・教育向けPC新Mate/VersaPro--ニューノーマル時代の働き方を支援

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気(NEC)は8月18日、テレワークやリモート会議が中心となるNew Normal時代の働き方を支援する、13.3型軽量モバイルPCをはじめとしたビジネス・教育向けPCとして、Mate/VersaProシリーズ16タイプ46モデルを発売したと発表した。

キャプション

 新型コロナウイルス感染症の拡がりを受けて、企業では働く場所にとらわれず効率的に業務を行うため、オンラインとオフラインの働き方の融合が求められている。さらに、オフィスのフリーアドレス化やテレワークの浸透に伴い、PCの持ち運びやリモート会議の機会が増大。モバイルPCに対しては持ち運び時だけではなく、デスクワーク時の利便性向上へのニーズもより一層高まっている。

 今回発売する13.3型軽量モバイルPCの新商品「VersaPro Ultralite タイプ VG」は、LLバッテリを搭載しても約868gで、軽量ながら最大約24時間のバッテリ駆動が可能。ACアダプタの携行機会を減らしすことで、移動時の負担を軽減できる。

キャプション

 急速充電ACアダプタをオプションとして用意し、約1時間で容量の約80%の充電が可能となっている。

 キーボードは、15.6型ノートPCと同等のキーピッチ(19mm)を採用。静音タッチパッドも拡大し(従来機比+9.6mm)、テレワーク時などノートPC一台で作業をする際の操作性を向上させている。

 映像出力対応のUSBType-Cも搭載し、対応ディスプレイと組み合わせることで、ディスプレイに画面を拡張表示しながら、PC本体への充電と外付けキーボード・マウスの接続をUSBケーブル1本で行える。

 顔認証機能への対応を強化するためのIRカメラをセレクションメニューで選択可能とし、利便性とセキュリティ対応力を向上させた。

 このほか、グラフィック性能に強みを持つAMD Ryzenシリーズを採用した15.6型ノートPC「VersaPro J タイプ VW」をSOHO・中小企業向けに商品化した。

キャプション

 VersaPro Ultralite タイプ VGとVersaPro J タイプ VWをはじめ、「VersaPro Ultralite タイプ VC」「VersaPro タイプ VM」には、ヤマハ製AudioEngineを採用した「Webミーティング機能」を搭載。従来機で強化した音声出力の品質向上に加え、新商品では話し手側の音質を向上させている。

 周囲の騒音を抑えて話し手の声をクリアに伝える「ノイズサプレッサー」と、音が部屋に響くことを抑えて話し手の声を聴きやすくする「ルームエコー抑制」機能を追加し、会話相手の発言内容を聞き取りやすくすることで、リモート会議を支援する。

 また、筐体デザインを一新したデスクトップPC「Mate タイプ ME」と「Mate タイプ MB」では、インターフェースの種類と位置の変更などにより、利便性を向上させているという。

 なお、新商品ではWindows 10 April 2020 Update(2004)を搭載。一部モデルでは、Wi-Fi6(11ax)を採用するなど、企業向けPCのラインアップ全体で機能を強化している。

キャプション
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]