logo

Twitter、返信できるユーザーを選べる新機能を正式リリース

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年08月12日 10時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間8月11日、自分のツイートに返信できるユーザーを制御できる新しい設定を全ユーザーに提供開始すると発表した。これにより、より安心して会話できるようになるとしている。

Twitterロゴイメージ
提供:Pixabay/CNET

 同社は5月からテストしていたこの新しい設定を、アプリとウェブ版の全ユーザーに提供開始する。今後はツイートの作成時に、返信できるアカウントを選択するオプションが表示される。全員が返信、フォローしている人だけが返信、@アカウントで指定した人だけが返信、という3つから選べる。

3つの選択肢
提供:Twitter

 この機能は、サイト上のいやがらせの抑制にもつながる可能性がある。その問題については、長年にわたって人々から苦情が寄せられていた。一方で、米国自由人権協会(ACLU)などからは、官僚がこの機能を乱用して、公共の議論として発言するユーザーをブロックするのではないかという、米国憲法修正第1条に関連する懸念が示されている。この設定により、人々の政治的見解や偏見が強調される「フィルターバブル」がより多く生成されることになる恐れも指摘されている。

 Twitterによると、この設定のおかげでより快適にツイートができるようになり、スパムや嫌がらせから保護されていると感じられるという意見が、ユーザーから寄せられたという。この機能により阻止された攻撃的な返信は平均3件だった一方で、攻撃的な引用リツイートは1件しか行われなかったという。望まれないダイレクトメッセージの増加は見られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]