logo

TikTok買収、新たにTwitterも交渉か--マイクロソフトに続き

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2020年08月11日 10時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TikTokの買収先候補リストに、新たにTwitterが加わった可能性がある。The Wall Street Journal(WSJ)は米国時間8月8日、Twitterが中国企業運営の人気動画アプリTikTokの米国事業の買収について予備交渉したと報じた。

TikTokのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Donald Trump米大統領は6日、米国でのTikTokの使用を事実上禁止する大統領令に署名した。ただし禁止措置が発効するのは9月のため、米国企業への売却の可能性はまだ開かれている。

 Microsoft、Apple、Google、およびFacebookはいずれも、買収先候補としてメディアで名前が挙がっており、そのうちMicrosoftは買収を目指していることを認めている

 TikTokは米国ユーザーのデータを収集しており、運営企業の字節跳動(バイトダンス)には中国共産党の息がかかっているとして、Trump大統領らはTikTokを国家安全保障上の脅威とみなしている。バイトダンス側は、TikTokがそのような脅威をもたらすことはないと反論している。

 Twitterが買収交渉を続けるかは不明だと、WSJは匿名の情報筋の話として伝えている。記事によると、交渉ではMicrosoftが先行しており、同社と比べて規模の小さいTwitterには、十分な買収資金の確保がより困難になるという。

 MicrosoftとTikTokの買収取引は、事業のどれだけの部分を買い取るかによって100億~300億ドル(1兆~3兆2000億円)の規模になりうるとCNBCは報じている。WSJによると、時価総額はTwitterが約290億ドル(約3兆円)であるのに対し、Microsoftは1兆6000万ドル(約106兆円)を超える。

 それでも、独占禁止法がらみでMicrosoftほど厳しい目を向けられないため、規模の小ささは強みになりうるとTwitterは判断していると、WSJは報じている。

 この報道が事実だとしても、Twitterが短編動画アプリに関心を寄せるのは今回が初めてではない。同社は2012年にスタートアップのVineを買収し、2016年にサービス終了を発表していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]