logo

akippa、衛星データから「駐車場用スペース」を自動検出するプログラム--共同研究開発

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 駐車場シェアサービスを展開するakippaは8月4日、衛星データとAI画像認証を活用して、駐車場用のスペースを自動検出するための初期プログラムの研究・開発を、さくらインターネットおよび、AI技術のコンサルティング・開発をするRidge-iと共同で開始したと発表した。

 同社は、全国の空いている月極や個人の駐車場、空き地などの遊休地を駐車場として一時利用できるシェアリングサービス「akippa」を運営。7月現在、全国に累計3万7000拠点の駐車場が登録されているという。しかし、ドライバーのニーズに対して十分な駐車場数が確保できていないことから、新しいスペースを見つける際にも現地に行って開拓するなど時間がかかっているという。

 こうした課題を解決するため、効率的に新たに駐車場として活用できる遊休地を見つける新しい手法として、衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」と機械学習・ディープラーニングの技術を活用。特定エリアの「自動車駐車場用スペースの候補を自動検出するプログラム」を開発している。


 2020年の開発初期モデルは、Tellusの開発・利用を促進するさくらインターネットが同プロジェクトの企画および、衛星データを提供。また、Ridge-iが機械学習・ディープラーニングの技術を用いて、衛星データだけで駐車場用スペースの候補地を検出できるプログラムになっている。2019年10月〜2020年2月に福岡・札幌で実施した実証実験では、約75%の精度を実現したという。

 今後、さくらインターネットは、Tellusへの搭載と実用化に向けて、衛星データの提供および、プラットフォームの改善などさまざまな支援を行う。Tellusへの搭載が実現した際には、akippaはこのプログラムを駐車場用スペースの候補地検出に本格的に活用する検討をするとしている。Ridge-iは、機械学習・ディープラーニングプログラムのさらなる精度向上に加え、地上データや時系列の衛星データを利用した駐車場用スペースの候補地の把握などを検討するとしている。

 今後は、実証実験をした福岡・札幌の2都市から活用を開始し、全国への展開を検討する。さらに、宇宙ビジネスが注目される中、今後も衛星データの実用化に向けて3社で取り組んでいくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]