logo

グーグルの親会社Alphabet、2%減収も予想上回る--YouTubeとクラウドが好調

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月31日 10時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの世界的流行はGoogleの親会社Alphabetに大きな打撃を与え、同社の売上高は初めて前年同期比で減少した。一方、アナリストらの予測は上回った。

Googleのロゴ
提供:Getty

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、世界中で経済活動が停止し始めた第2四半期(4~6月)、同社の事業は大きな打撃を受けた。同社は売上高の大部分を広告で得ているが、人々が自宅に待機する中で、広告の掲載を取りやめる広告主が増えたためだ。

 同社は2020年度第1四半期に予測を上回る業績を上げたが、第2四半期は急激な落ち込みを警告していた。同社は米国時間7月30日に第2四半期決算(6月30日締め)を発表し、パンデミックが事業全体に与えた影響の概況を、投資家と一般市民に示した。

 売上高は前年同期比2%減の383億ドルで、アナリスト予測である373億7000万ドルを上回った。1株あたり利益は10.13ドルで、Refinitivのアナリスト予測である1株あたり8.21ドルを上回った。アナリストらは予想されていた落ち込みを織り込み、前年同期比で減少すると予想していた。

 一方、YouTubeとクラウド事業の伸びがその落ち込みを緩和させた。

 最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏はアナリストらとの電話会見で、「他社と同様、当社はこの四半期、ユーザーがオンラインで経済活動に戻りつつある中、安定を示す初期の兆候を確認している」「もちろん経済の状況は脆弱なままだ」と語った。

 最高財務責任者(CFO)のRuth Porat氏は、同社の広告事業がパンデミックの開始以来「徐々に改善」したと述べたが、同社がまだ問題に直面する可能性があると投資家に警告した。「危機を脱したと語るのは時期尚早だ」(同氏)

 同社は280億ドルの自社株買い戻しも発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]