logo

タクシーアプリ「JapanTaxi」と「MOV」が9月に統合へ--新アプリ「GO」が誕生

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mobility Technologies(MoT)は7月29日、同社が運営するタクシーアプリ「JapanTaxi」と「MOV」の統合にともない、全国約10万台のタクシーと提携する新たなタクシーアプリ「GO」を9月にリリースすると発表した。

 
 

 同社では、新アプリであるGOのリリースを2020年度後半に予定していたが、少しでも早くリリースすることで、タクシー事業全体の回復に貢献すべく、エリアや機能を絞った形で先行リリースすることにしたという。

 GOはMOVをベースとしており、MOVの提携タクシー車両に加えて、JapanTaxi提携タクシー車両へも配車注文することが可能。タクシー車両とのリアルタイムな位置情報連携と配車ロジックによって、アプリユーザーと近くのタクシー車両とのマッチング精度を向上させ、より早く乗れる体験を追求しているという。

 リリース予定の9月時点では、MOVがサービス展開している全国7エリア(東京・神奈川・埼玉・京都・大阪・兵庫・滋賀)に、JapanTaxiアプリでタクシー車両へ直接配車注文を送っている「JapanTaxi DRIVER’S」対応エリアの一部を加えた全国17エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・京都・大阪・兵庫・滋賀・愛知・奈良・宮城・三重・岐阜・広島・福岡)から開始する予定。

 その後、移動ニーズが高まる2020年末に向けて、対応エリアや機能を拡充し、日本最大級のタクシーアプリを目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]