logo

PayPay、自社ECやアプリなどでPayPay決済が導入できる開発者向けツールを提供開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPayは7月29日、自社で運営するECサイトやアプリなどオンラインサービスの決済システムとして「PayPay」を導入できる開発者向けツール「PayPay for Developers」の提供を開始したと発表した。

キャプション

 PayPay for Developersでは、システム開発者向けに自社で運営するECサイトやアプリ上でAPI連携し、PayPayを利用したオンライン決済を可能にする。自社でECサイトやアプリを運営している企業は、決済システム開発にPayPay for Developersを利用することで、PayPayを導入する際の手順や開発工数、動作を事前に確認でき、これまでよりもスピーディーにPayPayが導入できるようになる。

 主な機能として、PayPayの支払い画面を表示して決済を行う「ウェブペイメント」機能。事前に連携したPayPayアカウントで支払う「ネイティブペイメント」機能。自社サイト上でPayPay決済ができる動的QRコードを表示する「動的ユーザースキャン」機能。PayPayアプリを呼び出して決済をする「アプリコール」機能という4つの機能を紹介する。

 また、API連携方法や実装方法の公開だけでなく、開発者が実際にPayPayを利用して決済を行い、API連携時の挙動をリアルタイムで確認することができる安全な開発環境も提供。日本国内でオープンAPIとリアルタイムに動作確認ができる開発環境を搭載した開発者向けサイトの提供は、PayPayが初めてだという。

 例えば、Sandbox環境でAPI接続時のシナリオとコードスニペットの確認ができる「PayPay Lab」や、開発用のユーザーIDとパスワードを利用して開発環境でPayPayアプリが利用できるようになる。その他にも、API接続時のエラーハンドリングができる「PayPay Resolve」など提供する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]