logo

Twitter、トランプ氏長男のアカウントを一時的に制限--新型コロナ関連の動画投稿で

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月29日 08時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Donald Trump Jr.氏がTwitterのアカウントに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンを使用することを推奨する動画を投稿したことを受けて、Twitterは米国時間7月28日、同氏のアカウントを一時的に制限した。Twitterはこの措置について、ヒドロキシクロロキンがCOVID-19の予防や治療に有効ではないことが複数の研究によって示されており、同氏のツイートは、COVID-19に関する誤情報や、悪影響を及ぼす恐れのある情報の拡散を禁止するTwitterのポリシーに違反しているためと説明している。

Donald Trump Jr.氏
提供:Samuel Corum/Getty Images

 「このツイートは、当社の規則(COVID-19関連の誤情報の共有)に違反しているために削除する必要があり、当該アカウントの機能は12時間制限される」と、Twitterのコミュニケーションチームは28日に述べた。

 Donald Trump米大統領の息子であるTrump Jr.氏は27日、「この動画を見るべきだ。誰もが語っている話とはまったく異なる」というツイートとともにこの動画を共有していた。

 Twitterは、このツイートの削除に加えて、Trump Jr.氏のアカウントを制限し、ダイレクトメッセージをフォロワーに送信することしかできないようにした。つまり、ツイート、リツイート、フォロー、いいね!をできないようにした。この制限措置は12時間実施された。

 Trump Jr.氏の代理人から、直ちにコメントを得ることはできなかったが、広報担当者であるAndy Surabian氏は28日、「ビッグテック(大手IT企業の総称)は、今日の米国における表現の自由に対する最大の脅威だ」とツイートし、「彼らはあからさまな選挙干渉を続けている」と付け加えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]