logo

アップルのカーボンニュートラル達成に向けた取り組み、日本の協力サプライヤーの名も

坂本純子 (編集部)2020年07月22日 13時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは7月21日、事業全体、製造サプライチェーン、製品ライフサイクルのすべてを通じて、2030年までに気候への影響をネットゼロにすることを目指すと発表した。ネットゼロは、省エネによって使うエネルギーを減らし、創エネによって使う分のエネルギーをつくることで、エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロにするというもの。

 これまでにも再生素材で製品設計をする取り組みをしてきているが、新たな目標では、販売されるすべてのAppleデバイスをクリーンエネルギーでつくり、2030年までに気候への影響をネットゼロにすることを目指す。これは、総合的なカーボンフットプリント(CO2に換算した温室効果ガス排出量)をIPCC(気候変動に関する政府間パネル)目標に20年前倒しでネットゼロを達成する計画でもある。今回の発表に伴い、ウェブサイトにある「環境」のページを更新している。

オレゴン州にあるモンタギュー風力発電基地は、Apple最最大の200メガワット級の電力プロジェクトのひとつで、同州プラインビルにあるAppleのデータセンターに電力を供給している
オレゴン州にあるモンタギュー風力発電基地は、Apple最最大の200メガワット級の電力プロジェクトのひとつで、同州プラインビルにあるAppleのデータセンターに電力を供給している

 また、Appleは実現に向けてのアプローチの詳細を、他企業に向けてロードマップと共に提供している。Appleの環境活動における進捗を報告するレポート「2020年進捗報告書」では、Apple全体の温室効果ガスの排出量(カーボンフットプリント)を2030年までに現在の75%減とする計画を詳述するとともに、残り25%の二酸化炭素を除去するための革新的なソリューションの開発についても言及している。

 100%クリーンエネルギーで賄うことに協力を約束するサプライヤーの数は71社になった。新たに日本のサプライヤーの名前が公開されており、21ページに「Supplier commitments」としてソニーセミコンダクタソリューションズやセイコーアドバンスなどが加わっているところも注目だ。

「Supplier commitments」としてソニーセミコンダクタソリューションズやセイコーアドバンスの名も
「Supplier commitments」としてソニーセミコンダクタソリューションズやセイコーアドバンスの名も

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]