logo

JOLED、品川に商談用デモルームをオープン--円筒形、デュアルなど最新有機ELディスプレイ展示

加納恵 (編集部)2020年07月20日 14時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 豊田通商とJOLEDが豊田通商東京本社内に共同で開設した「JOLED デモルーム品川」。
Scroll Right Scroll Left

 豊田通商とJOLEDが豊田通商東京本社内に共同で開設した「JOLED デモルーム品川」。

 豊田通商とJOLEDは7月20日、商談用として「JOLED デモルーム品川」を豊田通商東京本社内に共同で開設したと発表した。医療用モニターに採用されている22型4K液晶有機ELディスプレイから車載用、フレキシブル円筒形など、ラインアップが一堂にそろう。

JOLED デモルーム品川内
JOLED デモルーム品川内

 JOLEDでは、印刷方式有機ELディスプレイの量産工場となる「JOLED能美事業所」(石川県能美市)にもデモルームを設けており、今回が2拠点目。JOLEDの主要株主の1社であり、パネル販売なども担う豊田通商東京本社内に構えた。

 デモルーム内には、22、27、32インチの有機ELモニターをはじめ、22インチの円筒ディスプレイ、14インチのフレキシブルディスプレイなどを展示。コンセプトモックなど、開発品も並べられている。

 商談用のため一般公開はしておらず、有機ELディスプレイに関心がある企業などに向けて公開する。デモルームの設置期間は限定しておらず、新たな開発品などが完成した場合には、入れ替えも考えているとのことだ。

コンセプトモックとなる車載用ディスプレイ
コンセプトモックとなる車載用ディスプレイ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]