logo

「Appleシリコン」初搭載は13インチ「MacBook Pro」、著名アナリストが予想

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2020年07月14日 11時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、Armベースの自社製「Aシリーズ」プロセッサーを搭載した初のコンピューターを2020年内に発売すると予告している。そしてこのほど、Appleウォッチャーとして名高いTF International SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が発表した新たなレポートによると、新しいプロセッサーを組み込んだ最初の製品は13.3インチの「MacBook Pro」になる可能性があるという。

提供:Dan Ackerman/CNET
提供:Dan Ackerman/CNET

 MacRumorsによる米国時間7月10日の報道によると、Kuo氏はレポートの中で、「Appleシリコン」を搭載した新しい13.3インチのMacBook Proが2020年第4四半期に発売されると予想。また、Appleシリコンを搭載する新しい「MacBook Air」が同四半期または2021年第1四半期に発売されるとみている。

 さらに、これら比較的小型のProとAir以外にも言及し、「Appleシリコンを備え、フォームファクターの設計が一新された14インチおよび16インチの新しいMacBook Proモデル」が2021年第2四半期後半または第3四半期に登場するとの考えを示した。

 Appleは、新しいディスプレイ技術のミニLEDを採用したMacBook Proの新モデルを開発中だとうわさされている。

 同社はこの春に、13.3インチのMacBook AirMacBook Proをアップデートして、新たな設計のキーボードを採用した。また、一部のモデルに新しいIntel製プロセッサーを搭載している。現在、これら最新マシンのほとんどは第10世代のIntel製プロセッサーで動作するが、安価なエントリーモデルのMacBook Proは古い第8世代のプロセッサーのままだ。

 なおMacBook以外にも、Appleが新型「iMac」を準備しており、これに新しいApple製プロセッサーが搭載されるとのうわさもある。Appleは、新しいプロセッサーへの移行に備えるアプリ開発者のために、Apple製「A12Z」プロセッサーを備えた「Mac mini」と次期「macOS」の開発用ベータ版を含む開発者キットを有料で提供している。

 最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は、6月にオンラインで開催された年次開発者会議Worldwide Developers Conference(WWDC)の基調講演で、Intel製プロセッサーからの移行に「およそ2年」かかるとの見通しを示した。また、Apple製プロセッサーを備えた初の製品を「2020年末まで」に出荷する計画だとした。

 プロセッサーを移行しても、IntelベースのMacのサポートは継続する予定だ。Cook氏は、Intelベースのコンピューターに対しても「macOS」の最新版を「今後何年にもわたって」リリースすると約束したのに加え、「Intelベースの新しいMacの計画がいくつか進行中で、われわれはこれをとても楽しみにしている」と語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]