logo

ソニー、「フォートナイト」のEpic Gamesへ約268億円を出資

佐藤和也 (編集部)2020年07月10日 13時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは7月10日、同社の子会社を通じて、米国のゲーム開発会社のEpic Gamesに、2.5億米ドル(約268億円)の出資を行ったと発表。Epic Gamesの少数持分を取得することに合意したという。なお出資の完了は、関係当局の認可を含む、諸条件を満たすことが条件としている。

 Epic Gamesは1991年に設立。世界にヒットしているゲーム「フォートナイト」を運営しているほか、ゲームエンジン「Unreal Engine」を手掛けていることなどで知られている。

 これまでも両社ではさまざまな協業を行っているが、今回の出資によりさらに関係を強固にし、最先端のテクノロジー、エンタテインメント、オンラインサービスを発展させるという両社共通のミッションを強化するという。

 ソニー株式会社 会長 兼 社長 CEOの吉田憲一郎氏は「Epic Gamesはグラフィックなどの優れた技術を持ち、“Unreal Engine”をはじめとする数々のイノベーションによりゲームエンジンの進化を牽引している。また『フォートナイト』ほどに革新的なエンタテインメント体験の例は他にない。今回の出資を通して、Epic Gamesとの協業のさらなる深 化を模索し、ゲームの分野に限らず、急速に発展しているデジタルエンタテインメントの領域で、ユーザー、そして業界の皆様に喜んでいただけるような価値を提供していく」とコメント。

 Epic Games, Inc. ファウンダー CEO ティム・スウィーニー氏は「ソニーとEpic Gamesは両社ともクリエイティビティとテクノロジーが交わる分野でビジネスをしており、ゲーム、映画、音楽を融合させるリアルタイム3Dソーシャルエクスペリエンスに関するビジョンを共有している。私たちは協力して、すべてのユーザーとコンテンツクリエイターに向けて、よりオープンでアクセスしやすいデジタルエコシステムの構築を目指す」と、語っている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]