logo

曲がり角の死角に入った自動車や歩行者をドップラーレーダーで検知--プリンストン大学

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プリンストン大学の研究チームは、曲がり角に隠れている自動車などをドップラーレーダーで検知する技術を開発した。

道路の曲がり角に隠れている自動車などをドップラーレーダーで検知(出典:プリンストン大学)
道路の曲がり角に隠れている自動車などをドップラーレーダーで検知(出典:プリンストン大学)

 この技術は、自動車の速度計測や気象観測、スピードガンなどで使われるドップラーレーダーを用い、壁や物体にぶつかって戻ってくる反射波を解析することで死角にある物体の存在を認識できる。レーザー光を利用するライダーに比べて解像度は低いものの、AIベースの解析アルゴリズムと組み合わせることで、自動車のような大きなものだけでなく、自転車や歩行者の存在と移動速度が把握可能という。もちろん、ライダーやカメラだと検出できない死角に入った物体を見つけられる。

角に隠れた自転車の存在が分かる(左上から時計回り、出典:プリンストン大学)
角に隠れた自転車の存在が分かる(左上から時計回り、出典:プリンストン大学)

 曲がり角に隠れた物体を検知する技術は、これまでも検討されてきた(その1その2)。今回のドップラーレーダーを使う方法は、同研究チームが以前開発したものと異なり、強力なレーザー光が不要なうえ、検知可能な距離が長いそうだ。

 ライダーより低コストで、大量生産もしやすく、容易に自動車へ搭載できるとした。研究チームは、自動運転車向けセンサーなどへの応用を想定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]