logo

DeNAとTBS、漫画アプリ「マンガボックス」を合弁事業化

藤井涼 (編集部)2020年07月07日 16時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)と東京放送ホールディングス(TBS)は7月7日、DeNAの子会社であるマンガボックスを同日に合弁会社化したことを発表した。マンガボックスはTBSを引受先とする第三者割当増資により資金調達を完了しており、TBSはマンガボックスの株式の49%を取得し、DeNAは同51%を保有する。

キャプション

 マンガボックスは、人気マンガ家の連載作品が読める週刊マンガ雑誌アプリとして2013年12月にDeNAが創刊。「恋と嘘」や「ホリデイラブ」など複数のオリジナル人気作品を生み出しており、1500万ダウンロードを超える。現在は20〜30代の男女層を中心に利用されているという。

 一方、TBSは「グループ中期経営計画2020」において、コンテンツの強化や総合メディア戦略の推進を掲げており、メディアが多様化し、コンテンツビジネスの変化に対応するためにも、今後はオリジナルIPの開発を強化し、多面的にビジネス展開していくことが重要だと考えていると説明する。

 今回、TBSの映像分野における制作力や媒体力と、DeNAが培ってきたマンガボックスのIT分野における編集力やマーケティング力を掛け合わせることで、新しい時代のコンテンツIPの創出やクロスメディア展開を進めていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]