logo

NASAの火星探査機「Curiosity」、夏の遠征に出発

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年07月07日 12時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米航空宇宙局(NASA)は米国時間7月6日、火星探査機「Curiosity」がシャープ山での「夏の遠征」を開始したと発表した。「Curiosityは遠征が終わるまでに、古代の微生物の生命を支えたのかもしれない条件を探しながら、2014年から探査を続けている高さ5000mの山の新たな区域にまで登れるだろう」としている。

Curiosityが目指す方向を捉えた118の画像を組み合わせたもの
Curiosityが目指す方向を捉えた118の画像を組み合わせたもの
提供:NASA/JPL-Caltech/MSSS

 Curiosityが粘土を含む地帯の探査を終えた今、次に大きな関心の的となるのは、硫酸塩を含む地帯だ。

 これらの地域から、ゲールクレーターにおける水の歴史が明らかになる。「通常、硫酸カルシウムや硫酸マグネシウムのような硫酸塩は、水が蒸発する際にその周囲で形成される。気候や生命発生の可能性が30億年近く前にどう変化したかを知るもう一つの手がかりだ」とNASAは述べている。

 万事順調にいけば、Curiosityは2020年内に硫酸塩地帯に到達するが、その前に広い砂地を迂回しなければならない。2009年に探査機「Spirit」が砂地で立ち往生したため、NASAは、火星の砂の危険性について十分承知している。

 Curiosityは、起伏の多い地形を通って約1.6kmを進まなければならない。基本的なルートについてはCuriosity担当チームが計画を立てているが、移動中に障害となる可能性がある地形については、Curiosityの自動システムが警戒と対応に当たる。

 Curiosityは、NASAが火星で現在運用している唯一の探査機だが、NASAは7月か8月に予定通り新しい探査機「Perseverance」を打ち上げて、2021年2月に火星に着陸させたいと考えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]