logo

福岡市、行政手続きの本人確認にスマホを使う実証実験--eKYCシステム「TRUSTDOCK」で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福岡市は、行政手続き時の本人確認手段に、スマートフォンを身分証明書として使うシステムの実証実験を実施する。実験では、TRUSTDOCKの本人確認APIサービスとデジタル身分証アプリを使う。

本人確認をスマホで(出典:TRUSTDOCK)
本人確認をスマホで(出典:TRUSTDOCK)

 TRUSTDOCKのシステムは、電子本人確認(eKYC:electronic Know Your Customer)機能をサービス化したデジタル身分証プラットフォーム「TRUSTDOCK」。各種機能がAPIで提供され、法律で定められた本人確認機能をユーザー事業者のシステムに組み込む形で導入する。郵送など利用せずスマートフォンでオンライン本人確認を完結できるよう、デジタル身分証アプリも用意されている。

TRUSTDOCKのシステムを使用(出典:TRUSTDOCK)
TRUSTDOCKのシステムを使用(出典:TRUSTDOCK)

 実証実験では、スマートフォンをデジタル身分証明書として使い、行政手続きで求められる本人確認をオンラインで実行する。そのうえで、行政手続きのデジタル化と効率化などを検討していく。

デジタル身分証明書の可能性を検討(出典:TRUSTDOCK)
デジタル身分証明書の可能性を検討(出典:TRUSTDOCK)

 なお、福岡市はさまざまな社会的課題を乗り越える目的で、実証実験の支援事業を展開中。TRUSTDOCKの取り組みは、同事業で支援対象として採択されたプロジェクトの1つだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]