logo

シャープ、8K放送の音声フォーマットに対応したサウンドバー--360度の立体音響を創出

加納恵 (編集部)2020年06月26日 13時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは6月26日、8K放送で採用されている音声フォーマットであるMPEG-4 AACの「22.2ch音声入力」に対応したサウンドバーシステム「AQUOSオーディオ 8A-C22CX1」を発表した。発売は8月29日。想定税別価格は8万円前後になる。

「AQUOSオーディオ 8A-C22CX1」
「AQUOSオーディオ 8A-C22CX1」

  8K放送で採用されている音声フォーマットMPEG-4 AACの22.2ch音声入力に対応したのは業界で初めて。液晶テレビ「AQUOS 8K 8T-C70CX1/8T-C60CX1」と組み合わせると、テレビから22.2chのオリジナル信号を本機にそのまま入力できる。

 鹿島建設とサウサンプトン大学が共同開発した立体音響再生技術「OPSODIS」を採用し、前方にスピーカーを設置するだけで、前後・左右・上下を含む360度の立体音響を創出することが可能。8K放送の22.2ch音声信号のみならず、地上デジタル放送や4K放送の2ch/5.1ch音声信号などでも、独自の音声処理により立体音響を創り出せる。

 ミッドレンジ、トゥイーター、ウーファーを備えた3ウェイスピーカー構成。スピーカーを独立駆動する6chデジタルアンプを組み合わせ、きめ細かな音場を再生する。

 立体音響が楽しめる「ドルビーアトモス」に対応したほか、USBメモリなどからのハイレゾ音源の再生も可能。HDMI入力された4K信号をそのままテレビに出力する4Kパススルーと「Dolby Vision」のパススルーにも対応する。

 サウンドバーは高さ69mm×幅1200mm×奥行き140mmで約4.5kg。サブウーファーは高さ337mm×幅261mm×奥行き261mmで約7.2kgになる。「AQUOSファミリンク」により、シャープ製テレビのリモコンから操作できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]