logo

Facebookが将来について予想、議論する実験的アプリ「Forecast」発表

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: Crowd Power Partners2020年06月25日 14時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FacebookのNew Product Experimentation(NPE:新製品実験)チームは米国時間6月23日、「iOS」向けの新しいアプリ「Forecast」を発表した。将来の出来事をクラウドソーシングを利用して予測するというものだ。利用者が質問し、アプリ内のポイントを使って将来について予測する場だとNPEチームは説明している。

Forecast
提供:Facebook

 アプリはベータ版で招待制となっており、まず米国とカナダの招待されたコミュニティメンバーが利用可能になる。23日より、医療、研究、教育機関のコミュニティーの人々を招待し、新型コロナウィルスのパンデミックとその影響に関する予測を行ってもらう。

 Forecastのウェブサイトで、予測や議論が公開される。例えば「2021年3月末までに米食品医薬品局(FDA)は新型コロナウィルス感染症のワクチンを承認するか?」といった質問がこれまでに公開されている。

Forecast
提供:Facebook

 NPEのプロダクトリードRebecca Kossnick氏はブログで、「人々はますます、明日、来月、あるいはそれ以降の世界がどのようになる可能性があるかを理解する上で役立つ情報を探すようになっている」と説明した。「予測を中心に構築されたコミュニティーは、クラウドソーシングされた知恵を表出させる優れた手段というだけではなく、幅広いトピックを網羅した、より健全なオンラインの議論を促進する上でも役立つかもしれない」

 関心のある人は、Forecast Beta TestersのFacebookグループにアクセスし、ウェイティングリストに加わることができる。NPEチームがリリースしている多くのサービスと同様に、このプロジェクトは初期段階にあり、チームは改善に向けて取り組んでいるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]