logo

さくらインターネット、電子サインサービス「電子契約プラットフォームβ」を提供開始

佐藤和也 (編集部)2020年06月24日 18時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さくらインターネットは6月24日、インターネット環境から電子サインをおこない、契約プロセスを電子化できる「電子契約プラットフォームβ」の提供を開始した。

 電子契約プラットフォームβは、ウェブブラウザから簡単に利用できる電子契約プラットフォーム。電子サインを付与したPDFファイルの作成機能が利用可能。AATL(Adobe Approved Trust List プログラム)証明書を採用し、PDFファイルの電子署名技術により、詐称や改ざんを防止するという。従来、契約時に用いられてきた紙媒体への押印・発送、法令上必要な収入印紙の貼付などの業務は不要となり、PDFファイルをクラウド上に保存、管理するため、自宅や外出先など場所を選ばずに利用することができる。

 なお、新機能の動作検証およびフィードバック収集を目的とした、開発中サービスを実験的に提供する「Labプロダクト」の一環としており、β版提供期間中は無料で利用できる。

「電子契約プラットフォームβ」での押印プロセス
「電子契約プラットフォームβ」での押印プロセス

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]