logo
Indiegogo

Switchが小型のアーケード筐体になる「Switch Fighter」--クラファンで支援募集

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Switch Fighterは、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」において、任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」を小型のアーケード筐体のように操作できるポータブルミニアーケードキャビネット「Switch Fighter」のプロジェクトを実施中だ。最も割引率の高い「Early bird fighter」(28%割引)は1万1734円となっており、11月以降の出荷予定。6月24日時点で募集期間は残り31日。

 
 「Switch Fighter」

 この製品は、Nintendo Switch(Switch Light不可)向けのアーケード化ユニット。三和電子製のジョイスティックと6つのメインボタンで構成され、ボディにJoy-Conを取り外したNintendo Switchを挿入して利用する(USB Type-C接続は充電用、ボタン類とはBluetooth接続となる)。電源用のUSB Type-C、TV出力用のHDMI、アクセサリ用のUSB Type-Aを背面に用意しており、Nintendo Switchのドックと同様の使い方も可能。

 前面にはメニュー/キャプチャーボタン、スタート/セレクト(+/-)ボタンなどのボタン類を備えている。ジョイスティックを使用する格闘ゲームでの利用を想定しており、Nintendo Switchを小型のアーケード筐体として遊べることがポイント。また、Bluetooth接続のため、Nintendo Switchを縦置きにして、シューティングゲームにも対応するとしている。本体サイズは、W230×D285×H159mm。

 目標金額は1280万円。6月24日17時30分時点で、265人の支援者から312万円の支援を受けている(目標額の24%相当)。なお、Flexible Goalとなっており、目標額に達しなくても製品化されるという。

 
 
 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]