logo

「Oculus Go」が2020年で販売終了--QuestとRiftに注力へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2020年06月24日 12時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気のある(性能も優れた)Facebookの仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Quest」の購入を検討したことがあるなら、より低価格の「Oculus Go」がまだ売られていることを意外に思うかもしれない。だが、そうした状況もほどなく終わる。Facebookは、2018年に発売したOculus Goをわずか2年後の2020年に販売終了し、スタンドアロン型VRデバイスをOculus Questに絞ると発表した。

 また、これまでOculus Quest向けアプリの審査が厳しかった状況に関して、2021年にアプリ開発者に新たな門戸を開き、Oculus Store以外でアプリを提供しやすくすることを明らかにした。

Oculus Go
Oculus Go
提供:Sarah Tew/CNET

 Facebookは米国時間6月23日のブログで、「QuestとRift向けの製品の改良を一層推進するため、Oculus Goヘッドセットの販売を今年で終了する」と述べた。PC等に接続する必要がないスタンドアロン型VRヘッドセットのOculus Goは、新たな機能アップデートを停止され、12月18日以降、新しいアプリはOculus Storeで公開されなくなる。Facebookによると、ハードウェアのセキュリティアップデートは2022年末まで提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]