logo

ソニー、丸形じゃないユニットで高音質に--アウトドアOKのワイヤレススピーカー

加納恵 (編集部)2020年06月16日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月16日、独自の「X-Balanced Speaker Unit」を採用し、高解像度や音場の広がりを実現したワイヤレススピーカー「SRS-XB43/XB33/XB23」(想定税別価格:2万3000円前後/1万8000円前後/1万2000円前後)を発表した。IP67の防塵、防水設計に加え、防錆性能も備える。発売は7月3日。

「SRS-XB43/XB33/XB23」
「SRS-XB43/XB33/XB23」

 SRS-XB43/XB33/XB23は、Bluetoothによるワイヤレス接続にしたワイヤレススピーカー。本体にバッテリーを内蔵し、持ち歩きにも対応する。新たに搭載したX-Balanced Speaker Unitにより、スピーカーユニットの振動板を従来の丸形から非対称形、超楕円形へと変更。これは、振動板を大きくすることで、大音圧、高音質を確保したいが、本体サイズは小さくとどめたいとする思いに対応したもの。振動板の形を変えることで面積の拡大を実現している。

 XB33/23はでバランスよく高音質を響かせる非対称形、2ウェイスピーカーでトゥイーターを備えたXB43は低域重視の超楕円形スピーカーユニットを使用。いずれも設置面積の高さを変えずに振動板の面積を拡大し、音圧アップを実現している。

スピーカーユニットの形状の違い。左が現行モデルで右がSRS-XB43(上段)、SRS-XB33/XB23(下段)
スピーカーユニットの形状の違い。左が現行モデルで右がSRS-XB43(上段)、SRS-XB33/XB23(下段)

 筐体の前後に配置していたパッシブラジエーターを、サイドに移動することで、現行モデルに比べ、最大54%の面積拡大に成功。鮮明な低域再生をサポートする。振動板素材には、ハイレゾモデルである「SRS-HG10」と同じ発砲マイカを用いることで、剛性かつ軽量性に優れ、高音質化に貢献しているという。

 XB43/33には独自の「Live SOUNDモード」を備え、自宅にいながらライブ会場にいるような臨場感を再現。現行モデルは、ボーカルの声も一緒に広がっていたが、ボーカルの明瞭度をキープしつつ音を広げるチューニングへと変更した。

「SRS-XB43」。ボディカラーはブラックとベージュ
「SRS-XB43」。ボディカラーはブラックとベージュ
「SRS-XB33」。ボディカラーはブラックとベージュ
「SRS-XB33」。ボディカラーはブラックとベージュ

 XB23は、コンパクトさをそのままにストラップを使い引っ掛けて使える円筒デザインを採用。XB43/33にはラインライト、スピーカーライト、トゥイーターライト(XB43のみ)を施し、ライティング機能も搭載している。

 独自の圧縮音源高音質化技術「DSEE」に加え、3モデルともに対応コーデックはSBC、AAC、LDACをサポート。複数のスピーカーをつなげて使える「パーティーコネクト」は最大100台の接続が可能だ。

「SRS-XB23」。ボディカラーはブラック、レッド、ブルー、グリーン、ベージュ
「SRS-XB23」。ボディカラーはブラック、レッド、ブルー、グリーン、ベージュ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]