logo

アップル、100億円超を投じる「人種的公平と正義のイニシアチブ」を発表

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年06月12日 09時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は米国時間6月11日、同社が「Racial Equity and Justice Initiative」(人種的公平と正義のイニシアチブ)を立ち上げ、1億ドル(約107億円)の予算を充てると発表した。このイニシアチブは、「有色人種コミュニティー、特に黒人コミュニティーに対して存在する、機会と尊厳の体系的障壁に立ち向かう」ために、教育、経済的平等、刑事司法改革などの問題に焦点を絞るものになるという。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

 「人種的正義と平等のための未完の取り組みは、私たち全員の責任だ」とCook氏はツイートした。

 Cook氏は、Appleがこのイニシアチブに「包括的に力を入れて企業規模で」取り組むと述べ、教育関連の既存の取り組みを基盤に、Equal Justice Initiativeなどの団体と新たに提携するとした。

 この取り組みを米国から始め、徐々に世界に広げていくという。元米環境保護庁(EPA)長官で、Appleの環境、ポリシー、社会イニシアチブ担当バイスプレジデントを務めるLisa Jackson氏が、この取り組みを統括する。Cook氏は、「Apple社内のダイバーシティとインクルージョンについても重大な新しい措置」をとり、過小評価されているグループの人々の雇用、育成、支援に努めるとともに、社外の取り組みにも参加すると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]