logo

ザッカーバーグCEOと対立して辞めたコックス氏、FacebookのCPOに復帰へ

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年06月12日 08時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏との意見対立をめぐり2019年に退職したChris Cox氏が米国時間6月11日、最高製品責任者(CPO)として22日から同社に復帰することを明らかにした。

Chris Cox氏
Chris Cox氏
提供:James Martin/CNET

 「Facebookとその製品は、かつてないほど深く私たちの未来に関与している。それは、私が最もよく知る場所であり、私が構築を支援した場所であり、私が腕をまくって本腰を入れて助けるべき最高の場所だ」と、同氏は復帰を発表する投稿の中で述べた。

 Cox氏は2019年に退職するまで、Facebookに13年間勤務していた。在籍中はFacebookのニュースフィードのほか、主要製品に取り組んだ。製品および設計チームを統括したほか、Facebook初の人事チームも設立している。

 しかし、Facebookのメッセージアプリを統合する計画をめぐり、Zuckerberg氏と意見が対立した。Cox氏は退職後の「Wired」カンファレンスで、Zuckerberg氏とは「ものの見方が少し違った」と語っていた。一方、退職の理由について、同社に13年間勤務したためソーシャルメディア以外の何かをしたかったからだとも述べていた。

 Cox氏はFacebookを退職した後、進歩的な非営利組織Acronymのアドバイザーに就任した。同氏は投稿の中で、2019年には気候変動関連のイニシアチブに取り組み、自身のレゲエバンドで演奏し、子供や友人と時間を過ごしたことも明らかにした。

 「この1カ月で世界がより混沌とし、不安定になったため、支援する決意がさらに強まった。われわれは今後、最も重要な決断と製品を控えている」(Cox氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]