新型コロナウイルス関連

KDDI DIGITAL GATE、withコロナ時代のビジネス創出プログラムを無償提供へ

 KDDIは6月10日、5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」において、withコロナ時代における早期の社会経済活動の正常化や、企業の新規ビジネス創出、デジタルトランスフォーメーション (DX) 推進支援を目的とした「新規ビジネス創出特別プログラム」を、7月1日から9月30日まで無償で提供すると発表した。

 KDDI DIGITAL GATEは、デザイン思考をベースとしたワークショップやアジャイル開発チームによるプロトタイピングを通じて、顧客の潜在的な課題を発見。最先端のテクノロジーを用いて、それら課題を解決するソリューションを設計する組織。構築・検証を素早く実行することで、顧客をサポートしている。また、顧客の所在地に関わらず柔軟に対応するため、施設の体験ツアー・ワークショップ・開発まで、全てオンラインで実施している。

 今回、期間限定で無償提供する特別プログラムでは、KDDI DIGITAL GATEで提供しているサービス開発プロセスのうち、サービスデザインワークショップとプロトタイプ開発をオンラインで約1週間で実施する。テーマは、withコロナ時代のワークスタイルに効果的な新規ビジネス創出・業務改革。募集は、6月10日から8月31日までの予定。

キャプション

 対象企業は、(1)KDDI DIGITAL GATEを見学したことがあり、KDDI DIGITAL GATEでのサービス開発プロセスを理解し、賛同できる企業、(2)DX推進・業務改革や新規ビジネス創出にチャレンジしたいと考えている企業、(3)同プログラム提供期間中の参加者が100%稼働できる企業、(4)開発したサービスでwithコロナ時代の社会経済活動の正常化に貢献したいと考えている企業、という4つの条件を満たしている法人企業となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]