logo

[ブックレビュー]進まなくてうんざりしている人に--「プロジェクト進行の技術が身につく本」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社
内容:誰が何をやっているのか分からないプロジェクトが1つや2つはあるだろう。本書では、そのようなプロジェクトの問題点を示すとともに、どのようなプロジェクトにも応用できるツールとして、「プロジェクト譜」(略して「プ譜」)を推奨している。
「紙1枚に書くだけでうまくいく プロジェクト進行の技術が身につく本」
「紙1枚に書くだけでうまくいく プロジェクト進行の技術が身につく本」

 遅々として進まない、破綻しかけている、誰が何をやっているのか分からないプロジェクトの数々。大体思い当たるプロジェクトが1つや2つはあるだろう。キックオフミーティングは自己紹介で終わり、何のために集まったのか分からず、誰がどこから何を始めるのか分からないまま。定例会議も時間の無駄でしかない。そんな状況にうんざりしている人に本書はうってつけだ。

 本書では、そのようなプロジェクトの問題点を示すとともに、どのようなプロジェクトにも応用できるツールとして、「プロジェクト譜」(略して「プ譜」)を推奨している。プ譜とは、「あらゆるプロジェクトが必ずもっている共通の構造をシンプルに表現する方法」とのことで、プロジェクト管理のための特別なソフトウエアがなくても書ける(指定のURLからPowerPointかPDFでダウンロード可)。

 プロジェクト管理に関する本はたくさんあるが、説明が多すぎて分かりにくいことが多い。しかし本書は、非常に簡潔な表現で書かれている上、ハイライトやポイントが適切に配置されているため、忙しくて時間がない中でも、読むのが苦にならない。プロジェクト管理者でなくとも、プロジェクト進行の技術を学ぶことで、自身の仕事の目的がはっきりし、より主体的に動けるようになるのではないか。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]