logo

世界スマホ市場、2020年は新型コロナで11.9%の出荷減少--2021年1Qまで回復せず

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCは、世界スマートフォン市場に関する見通しを発表した。それによると、今後も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の悪影響が続き、2020年の出荷台数は前年から大きく減って、前年比11.9%減の12億台になると見込んでいる。

世界スマートフォン出荷台数の予測(出典:IDC)
世界スマートフォン出荷台数の予測(出典:IDC)

 2020年第1四半期の出荷台数は、前年同期比11.7%と過去最悪を記録していた。そして、COVID-19パンデミックがマクロ経済に与える影響が消費者の支出へと波及し、2020年上半期の出荷台数は前年同期比18.2%減と、大幅な減少を予想する。

 IDCは、スマートフォン出荷は2021年第1四半期まで増加へ転じないと予測した。ただし、5Gがスマートフォン販売を後押しするため、2021年の状況回復に貢献するとみている。2020年5月時点の予測では、2021年の出荷台数を14億台弱、前年比約10%増とした。

 地域別の状況は、中国は2020年の出荷台数を前年比1桁減で済ませられるという。それに対し、欧州はイタリアやスペインなど大きな打撃を受けた市場があり、同2桁減となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]