「Xbox Series X」、旧作ゲームもHDRで表現--フレームレート2倍も

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年05月29日 10時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、発売が迫る次世代ゲーム機「Xbox Series X」で、「Xbox」ゲームの旧作もHDR(ハイダイナミックレンジ)技術を使って表現されることを明らかにした。Xboxチームでプログラム管理のディレクターを務めるJason Ronald氏は、「Xbox Wire」ブログに新たに投稿した記事の中で、Xbox Series Xの数世代に及ぶ後方互換計画について概要を示した。また、一部のゲームでは元のフレームレートが2倍になるほか、新旧の作品ともに直ちにゲームを再開できる「Quick Resume」機能に対応するとした。

Xbox
提供:Joshua Mobley / CBSi

 「Xbox One」では2015年以来、500以上の「Xbox 360」向けゲームを後方互換リストに加えてきた。Ronald氏によると、2020年末に発売予定のXbox Series Xでは、過去4世代のXbox向けに提供された数千種類のゲームをプレイできるようになるという。

 単なるソフトウェアエミュレーションではなく、後方互換のゲームがXbox Series Xのハードウェア上でネイティブに動作する。これはつまり、新たなCPUとGPUに加え、高速なNVMe SSDストレージによって、これらの旧作タイトルを発売当時より快適に操作できるようになるということだ。そのため、読み込み時間が短縮し、フレームレートが高速化する可能性がある(たとえば、30fpsのゲームが60fpsに、あるいは60fpsのゲームが120fpsになる)。現行の「Xbox One X」ではすでに一部旧作ゲームの解像度を4Kにアップできるほか、異方性フィルタリングによって画質を改善できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]