logo
新型コロナウイルス関連

ロボホンが窓口で接客--ホステル「bnb+ 虎ノ門店」、遠隔接客ソリューション導入

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは5月20日、bnb plusが運営するホステル「bnb+ 虎ノ門店」において、モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した接客サービスを6月1日より提供すると発表した。

 
 

 同サービスは、同社が新たに開発したRoBoHoNによる「遠隔接客ソリューション」を活用。bnb+ 虎ノ門店の無人のフロントデスクにRoBoHoNを設置し、RoBoHoN搭載のカメラが来店客を検知することで、あらかじめ設定した「おもてなし」メッセージが発話するという。

 
 

 スタッフは離れた場所にある事務所の中で、スマートフォンやタブレット端末を用いて来店客の映像や音声を確認。名前の確認や問いかけたい内容、質問への回答などをスマートフォンやタブレット端末に文字で入力すると、RoBoHoNがスタッフに代わって発話する。

 なお、来店客もRoBoHoNを通じたチェックイン・アウトだけでなく、スタッフへの相談などが可能。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、接客距離の確保や接客時間の短縮が求められる中、両社は新たな接客スタイルを提案するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]