logo
新型コロナウイルス関連

愛媛県、新型コロナの遠隔健康観察にLINE WORKSを導入--医師らの罹患リスクを低減

佐藤和也 (編集部)2020年05月19日 19時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワークスモバイルジャパンは5月18日、ビジネスチャット「LINE WORKS」について、愛媛県が、新型コロナウイルス感染症に対応する遠隔での健康観察体制構築に向けて、同サービスを導入したことを発表した。

健康観察における活用のイメージ
健康観察における活用のイメージ

 愛媛県では新型コロナウイルス感染症の軽症の患者に対して、宿泊療養施設への入所や健康観察を実施。医療チームと連携して、個室の準備や備品調達、患者の入所や退所スケジュール管理を行うなど、軽症患者が適切な療養を受けられる体制の構築に向けて取り組みを進めている。

 1日3回実施される健康観察の接触頻度を減らし、医師や看護師の罹患リスクを低減させるため、ビデオ通話機能を有し、遠隔での健康観察を実現するツールが必要とされていることから、導入を決めたとしている。

 導入にあたり、宿泊療養施設の部屋数に応じてLINE WORKSアカウントを用意。患者は、自身のスマートフォンにLINE WORKSアプリをインストール、ログインを行うことで、医療従事者の医師や看護師のLINE WORKSとつながり、ビデオ通話機能を活用した遠隔での健康観察を受けることが可能となる。なお、スマートフォンを保有していない軽症患者に対しては、専用タブレット端末の貸し出しを行っているという。

宿泊療養施設入居者が登録されたアドレス帳(医療チームのアカウントから見た場合)のイメージ
宿泊療養施設入居者が登録されたアドレス帳(医療チームのアカウントから見た場合)のイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]