logo

フォード、屋根から太陽光発電カバーを広げて充電できる電気自動車--特許を出願

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気自動車(EV)のユーザーは増加しているようだが、充電スタンドが増えないとEVは長距離の移動に使いにくい。充電スタンドに頼らず走行距離を長くするため、レンジエクステンダー付きEVや、太陽光発電パネル搭載EVなどが存在する。

 これに対し、Ford Motor傘下のFord Global Technologiesは、EVに取り付ける太陽光発電パネルの面積を増やす技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間5月14日に「SOLAR CELL ARRANGEMENT FOR AN ELECTRICALLY DRIVABLE MOTOR VEHICLE, AND MOTOR VEHICLE」(公開特許番号「US 2020/0153383 A1」)として公開された。出願日は2019年11月8日。

公開されたFordの特許(出典:USPTO)
公開されたFordの特許(出典:USPTO)

 この特許は、折りたたみ式の太陽光電池パネルを備える自動車カバーに関するもの。発電時にはEV全体を覆うように広げて固定できる太陽光電池パネルなのだが、膨らませて形状を作る構造を採用したり、一部を柔らかい素材で作ったりする。

 こうした仕組みにしておくと、駐車した際に膨らませてソーラー発電させ、バッテリに充電できる。そして、走行時など使用しない場合は、EVの屋根に折りたたんで収納しておける。

屋根から太陽光発電カバーを広げる(出典:USPTO)
屋根から太陽光発電カバーを広げる(出典:USPTO)

 請求項(クレーム)には、構造の一部に形状記憶ポリマーを使うアイデアへの言及もある。

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]