logo

アップルのヘッドホン「AirPods Studio」は首にかけると停止、耳の左右も識別か

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2020年05月13日 10時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleはしばらく前から、オーバーイヤー型ヘッドホン「AirPods Studio」を準備中だとうわさされているが、その機能に関する推測も詳しさを少し増したようだ。

 9to5Macが伝えた最新のうわさによると、新しいヘッドホンは、頭に装着しているか首にかけているかを検知するセンサーを搭載するという。これは現行の「AirPods」が搭載するのと同様に機能し、ヘッドホンを耳から外すと楽曲再生が一時停止するとみられる。また、左と右の目印がある他のオーバーイヤー型ヘッドホンと違い、左右の耳をセンサーが識別し、音の送り先を自動で調整するという。

 9to5Macは3月、「iOS 14」のベータ版コードの中にヘッドホンのアイコンがあるのを発見した。iOS 14はAppleの次期モバイルOSで、毎年6月に開催されるWWDCで詳細が発表されるとみられている。

提供:9to5Mac
9to5Macが見つけたというアイコン
提供:9to5Mac

 Appleの新しいヘッドホンはさらに、「AirPods Pro」と同様のアクティブノイズキャンセリングと環境音取り込みモードも搭載するとみられている。またBloombergの4月の報道では、イヤーパッドはレザー風の素材とフィットネス用の軽い素材の2種類が用意され、イヤーパッドとヘッドバンドはマグネットで脱着してカスタマイズできるとされている。

 リーク情報の発信で有名なJon Prosser氏の最近のツイートによると、価格は349ドル(約3万7000円)になるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]