logo
新型コロナウイルス関連

ソニー、医療関係者向け支援策--フェイスシールド、人工呼吸器を製造など

加納恵 (編集部)2020年05月08日 14時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズは5月8日、新型コロナウイルス感染症の治療に従事する国内の医療関係者への支援策として、医療用フェイスシールドの製造と無償提供、人工呼吸器の生産支援を開始すると発表した。

医療用フェイスシールド
医療用フェイスシールド

 医療用フェイスシールドは、メディカル部門で手掛ける医療用3Dモニター用アイシールドをフレーム部に流用し、製造を開始。応募受付や配送において連携する、エムスリーの医療従事者向けのウェブサイトを通じて、同日から日本全国の医療機関等からの応募を募り、5月中旬以降、週に約5000セット(フレーム約5000本、シールド約5万枚)、合計約4万セットを寄贈する。

 ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズは、アコマ医科工業と連携し、人工呼吸器の生産を支援する。7月より量産を開始し、9月中に500台を生産する計画だ。人工呼吸器の生産支援は日本政府の呼びかけに対応するもの。今後も状況に応じて、ほかの人工呼吸器メーカーからの生産受託の可能性を検討していく。

アコマ医科工業 成人用人工呼吸器「ART-21EX」
アコマ医科工業 成人用人工呼吸器「ART-21EX」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]