logo
新型コロナウイルス関連

「楽天リアルタイムテイクアウト」スタート--まずは渋谷と五反田の187店舗から

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は5月7日、レストランやカフェなどの飲食店において、商品を事前注文・決済することが可能になるテイクアウト支援サービス「楽天リアルタイムテイクアウト」の提供を開始した。これにさきがけ、全国の事業者を対象にサービス導入の申込受付を5月1日より開始している。

キャプション

 同サービスにより、事業者はテイクアウトサービスをスピーディーに導入できるほか、ユーザーはスマートフォンやPCサイト上から、近隣の飲食店でテイクアウト可能な商品を選び、楽天IDで事前注文から決済までを完了させることができる。実店舗での待ち時間なくリアルタイムに受け取ることが可能になり、購入金額に応じて「楽天ポイント」(税込100円につき1ポイント)が付与される。ポイントでの支払いも可能。

 サービス開始時は、渋谷駅および五反田駅の周辺地域にある飲食店187店舗が先行導入店舗として登録しており、順次全国の飲食店へと拡大するという。なお、飲食事業者の経営状況などを鑑み、同サービスを通じて事業者が得る収益については、10月31日までは最短で翌週に入金する。

 今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響によるテイクアウトサービス需要増から、クレジットカード決済手数料などを除いたサービス利用料を2020年10月31日まで無料にするほか、事業者の要望に応じて5月中旬より、商品登録や受注管理用のスマートフォン端末を無償で貸与する予定。

 同社では、サービス提供開始を記念し、5月7日より「スマホで注文 待たずにテイクアウト 楽天ポイント10倍」キャンペーンを開始する。同サービスを利用して、対象飲食店の商品をテイクアウトで購入したユーザーを対象に、楽天ポイントが通常時の10倍付与されるという。

 なお、楽天グループでは、米国で運営するRakuten Readyにおいて、米国・カリフォルニア州サンマテオの飲食事業者を対象に、「Rakuten Takeout」の名称で4月より同様のサービスを提供している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]