LINEポケオ、USENと業務提携を締結--UレジFOOD導入店舗、テイクアウトを導入しやすく

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは4月28日、同社が展開するテイクアウトサービス「LINEポケオ」において、USENが提供する飲食店向けタブレットPOSレジ「UレジFOOD」と5月18日からシステム連携を開始すると発表した。

 LINEポケオは、今いる場所に応じて、近くのテイクアウト可能な店舗を検索・注文・事前決済まで「LINE」ひとつで完結できるのが特徴。2019年6月に本格展開を開始し、牛めしチェーン「松屋」をはじめ、「串カツ田中」や「大戸屋ごはん処」「日高屋」「すき家」など、加盟店舗も順調に拡大している。

 また、LINEポケオのLINE公式アカウントのお友だち数も1000万人を突破している。

 UレジFOODは、飲食店に特化したタブレット型POSレジシステム。レジ会計や売上分析だけではなく、スマートフォンを利用したオーダーエントリーシステム、テーブルオーダーシステムなどを用意し、飲食店の業務効率化を実現している。

 今回、LINEポケオとUレジFOODがシステム連携する事により、これまで「UレジFOOD」を活用していた飲食店は、普段活用しているレジシステムでそのまま、テイクアウトサービスを始めることが可能となる。

 イートイン、テイクアウトの売上管理などもタブレットひとつで管理でき、オペレーションコスト削減へと繋げられるという。

 さらに、昨今の新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、臨時休業や営業時間の短縮など、大きな影響を受けている飲食店支援を目的に、5月18日から9月30日までの間、初期費用・販売手数料など、サービス導入にかかる費用を全て無料で提供する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]