logo

Facebook、インドの通信事業者Jio Platformsに6000億円超を出資

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)2020年04月23日 10時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間4月21日、インドのJio Platformsに57億ドル(約6140億円)を出資し、10%近くの株式を取得して同社の最大の少数株主になったと発表した。Jio PlatformsはReliance Industriesの子会社で、4年足らずで3億8800万人にインターネットサービスを提供するまでに成長し、インド最大の通信事業者となっている。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Facebookは以前にもインドでインターネットアクセスの展開を試みたことがあるが、2016年にネットワーク中立性の基準に違反しているとしてサービスが使用禁止になった経緯がある。

今回、Facebookは傘下のメッセージサービスWhatsAppを活用した、Jioの直営店でのデジタル決済に期待を寄せている。WhatsAppは、インドで4億人のユーザーを擁する。

 「JioMart(Jioの中小企業向けプロジェクト)とWhatsAppの力を組み合わせることで、われわれは人々を事業者と結びつけ、商品を見てもらい、最終的にはシームレスなモバイル体験を通じた製品購入につなげることができる」と、Facebookの最高売上責任者を務めるDavid Fischer氏と、同社のバイスプレジデントでインド事業を統括するAjit Mohan氏は発表の中で記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]