logo
新型コロナウイルス関連

米ニューヨーク州、“ビデオ結婚”を許可--コロナ対策で

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年04月20日 10時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスのパンデミックにより外出自粛が求められる中、夕食会、授業、コンサート、閣僚会議、デートなどがオンラインに移行しているが、そのリストに結婚も加わる。ニューヨーク州はこのほど、ビデオカンファレンスによる結婚を許可することにした。

Andrew Cuomo知事
ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事
提供:Michael Brochstein/Getty Images

 ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事の補佐官を務めるMelissa DeRosa氏は、「われわれは本日、結婚許可証を遠隔で取得すること、また担当者がビデオを介して式を執り行うことを可能にする行政令に署名した」と述べた(編集部注:同州では通常、役所に出向いて面接などを受けた上で結婚許可証を取得する必要がある)。

 Cuomo氏は「ビデオ結婚式と聞いて疑問が浮かんだとしても、やらない言い訳にはならない。『Zoom』で実行できるからだ」とジョークも語った。

 今や社会の広い範囲で、活動をオンライン動画に移す動きが進んでいる。ビデオカンファレンスによる葬式や、授業のオンライン化もそうした例だ。さらには、Zoom経由で交際相手に別れを告げる行為「Zump」(Zoomと「捨てる」を意味するdumpを組み合わせた造語)まで登場している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]