logo

アップル、運転中ならドライバー向け動作モードに切り替わるスマートウォッチ--特許取得

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動車運転中のスマートフォン操作は、とても危険だ。そのためスマートフォンのOSには、画面表示を大きくしたり、操作可能な機能を限定したり、通知を減らしたりして、注視しないで済ませられる動作モードが設けられている。

 これに対しAppleは、ウェアラブルデバイスの装着者が運転中かどうか自動認識し、運転中なら動作モード切り替えする技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間4月14日に「DETECTING CONTROLLERS IN VEHICLES USING WEARABLE DEVICES」(特許番号「US 10,620,232 B2」)として登録された。出願日は2016年9月22日、公開日は2017年3月23日(公開特許番号「US 2017/0082649 A1」)。

 この特許は、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスにおいて、動きを検出できる内蔵センサーからのデータで運転中かどうか識別する技術を説明したもの。データとしては、特にカーブを曲がっている最中の角速度や、ウェアラブルデバイスにかかっている重力の方向を参照する。

登録されたAppleの特許(出典:USPTO)
登録されたAppleの特許(出典:USPTO)
運転中かどうか識別する(出典:USPTO)
運転中かどうか識別する(出典:USPTO)

 運転中と判断した場合は、ウェアラブルデバイスの動作モードを切り替える。具体的には、表示する通知の数を減らす、ジェスチャー操作を無視する、というアイデアが請求項(クレーム)に記載されている。動作をこのように変えると、運転中にスマートウォッチを注視することや、操作することを防ぎ、装着者を運転に集中させられるだろう。

角速度などで判断(出典:USPTO)
角速度などで判断(出典:USPTO)

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]