logo

TikTok、16歳未満はダイレクトメッセージが無効に

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年04月17日 11時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TikTokは、親が子どものアプリ利用状況を管理しやすくする取り組みを進めている。

TikTokのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 TikTokは米国時間4月16日、安全のための設定をカスタマイズできる新機能「Family Pairing」を今後数週間かけて米国で提供すると発表した。保護者が自分のTikTokアカウントを子どものアカウントとリンクさせ、子どものアプリ使用時間、ダイレクトメッセージ、閲覧するコンテンツなどを管理できるというもの。日本では2019年4月に同様の機能を提供済みだ。

 さらに4月30日から、16歳未満のユーザーはダイレクトメッセージの送受信ができなくなる。影響を受けるユーザーには、16日からアプリ内で通知するという。

 TikTokは、「こうしたオプションによって、すべての年齢層のユーザーにより安全で信頼できる体験を提供できると考えているが、この分野における当社の歩みは、決してこれで終わりではない」とした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]