logo

「Pokemon GO」、自宅などからレイドバトルに参加--「リモートレイドパス」を実装へ

佐藤和也 (編集部)2020年04月16日 15時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nianticは4月16日、運営するスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」について、最新のアップデート情報を公開。離れた場所からレイドバトルに参加できる「リモートレイドパス」の実装などを発表した。

 新しいアイテムとして登場する「リモートレイドパス」を使用することで、「付近のようす」に表示されている、もしくはマップ上でタップすることができるレイドバトルに参加することが可能。レイドバトルに参加するために必要なリモートレイドパスは1枚のみで、一度に所持できる「リモートレイドパス」の数は限られている。また、1つのレイドバトルには20人のトレーナーが参加できるが、その内リモートレイドパスで参加できるトレーナーの人数は限られているという。リモートレイドパスで参加したレイドバトルは、レイドバトル関連のリサーチやメダルの達成度にカウントされる。

 実装時は、リモートレイドパスを使用して参加した際のボスポケモンへのダメージ量は、「レイドパス」「プレミアムバトルパス」を使って参加した際と同じ。ただし、これは一時的な対応となっており、後に変更予定としている。あわせて、リモートレイドパスを使用して参加できるトレーナーの人数、ダメージ量の調整に加えて、場所に関係なくフレンドをレイドに招待できるようにする機能も、時間をかけて調整を行う予定としている。

 このほか、ポケストップを訪れなくとも、毎日1つフィールドリサーチのタスクを受け取ることができる機能のほか、ギフトが少なくなると、相棒ポケモンがギフトを持ってきてくれる機能、ポケモンを強化する際、使用するアメや「ほしのすな」の量を調節し、一度で任意のCPまで強化することができるようになる機能、「ほしのかけら」「しあわせタマゴ」「おこう」を複数個使うことで、効果時間を延長させることができるようになるなど、バトル画面のデザインやパフォーマンスの向上なども含めたアップデートが行われるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]