logo

Amazon、ライフが取り扱う生鮮食品の配送エリアを東京20区と4市に拡大へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンは4月13日、ライフコーポレーションが取り扱っている生鮮食品や惣菜のオンライン販売・配送サービスの対象範囲を拡大すると発表した。

キャプション

 オンライン販売・配送サービスは、Amazonプライム会員向けのサービスとなっており、2019年9月12日より東京の一部地域(板橋区、北区、新宿区、杉並区、豊島区、中野区、練馬区)で開始していた(一部エリアを除く)。

 4月11日より、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区、中央区の5区が配送エリアに追加(一部エリアを除く)。今後は、足立区、荒川区、渋谷区、世田谷区、台東区、千代田区、文京区、目黒区、狛江市、調布市、三鷹市、武蔵野市にも順次拡大し、今夏までに配送エリアは東京20区と4市となる予定(一部エリアを除く)。

 対象エリアのプライム会員は、ライフコーポレーションの実店舗で取り扱っている新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚をはじめ、店舗で調理された惣菜や店内で焼き上げたパン、「ライフプレミアム」や「スマイルライフ」といったライフのプライベートブランド商品など、合計数千点の商品をPrime Nowの専用アプリを通じてオンライン購入が可能。

 注文後、店内の専門スタッフが、注文者に代わって品質などをチェックしながら商品を選び、Amazonの配送ネットワークにて配送する。なお、配送時間は12時〜22時。当日または、翌日の2時間単位で配送時間が指定できる。

 最低注文金額は、2000円以上。配送料は、6000円未満の注文の場合は440円。6000円以上1万円未満の場合は220円。1万円以上の注文の場合は無料となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]